妊娠中の水分補給は重要

妊婦さんに水分補給妊娠中は、水分補給を徹底的に行うことが重要となってきます。胎児は羊水に包まれており、羊水を飲みます。羊水は入れ替わるものなので、通常よりも水分を補給することが重要となってくるというわけです。

胎児の栄養補給のために水分が必要ですし、自分自身の水分補給も必要になることから、いつも以上に水分補給をすることが望ましいと言えます。1日2リットル以上、冷やさずに常温の水を何回かに分けてゆっくり飲むのがお勧めです。

しかし、人によっては水を飲むことでむくんでしまうのではないかと考えてしまうことがあります。水分は便秘改善や新陳代謝を活発にさせるといった働きがあるため、むくみを気にせずにできるだけ摂るようにすることがポイントです。飲んだら排出するという意識を持つことも必要となります。トイレの回数を増やし、むくみとならないようにすればいいのです。

妊婦さんは便秘になりやすく、便秘に悩まされることが多くなっています。無理にいきんで出そうとすると、痔になってしまったり、胎児に悪影響を与えてしまったりするため良くありません。しっかり水分補給をしていれば、妊婦の便秘も改善されていくはずです。いきんで出すということのないようにするためにも、意識的に水を飲むようにすることをお勧めします。

妊娠中に飲まない方がいいもの

妊婦さん妊娠中に飲まない方がいいものは、当然のことながらアルコールです。アルコールは胎児性アルコール症候群となってしまうため、胎児の発育障害や脳の異常に繋がってしまうことがあるからです。見た目の問題も生じてしまうことがあるため、妊娠中の飲酒は厳禁です。

それから、こちらもよく言われているように、カフェインも摂取しないことをお勧めします。カフェインが含まれている飲み物はコーヒーやココア、紅茶などです。緑茶やウーロン茶にも含まれているため、できるだけノンカフェインの麦茶などを飲むようにすることをお勧めします。

カフェインは体内に溜まりやすく、これが流産や死産へと繋がってしまうことがあるのです。どうしても飲みたいというのなら、最近はノンカフェインのコーヒーも市販されているので、そういったものを選ぶようにするといいかもしれません。

緑茶やウーロン茶に含まれるタンニンもお勧めできません。貧血気味の妊婦には特に注意が必要です。

また、緑茶に含まれているカテキンもよくありません。胎児の形成に必要とされる葉酸の働きを阻害するからです。よって、緑茶は飲まないようにすることがポイントです。

麦茶は温めて飲むようにすると体を冷やさずに済むので、お勧めです。